ロンドン & ボストン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ロンドンを拠点とする億万長者で、ドットコムブームの間に電子商取引決済ソフトウエアを販売して富みを築いたテジ・コーリ氏は、ボストンのマサチューセッツ眼耳鼻科病院への200万ドルの寄付を約束しました。これは有望なバイオテクノロジーソリューションの開発を含め、角膜失明を治療するための革新的研究を助成することが目的です。コーリ氏は回避可能な角膜失明を根絶すべく、移植に依存しないソリューションの発見を追求しており、今回の寄付はより良い世界を構築するための新技術の有望性を同氏が確信していることを反映するものです。 コーリ氏は既に、2030年までに回避可能な角膜失明を根絶するという氏の世界的使命で相当な前進を達成しています。慈善活動家テジ・コーリ氏のテジ・コーリ角膜インスティテュート(ハイデラバード)は角膜の研究と専門知識で著名な研究所です。2016年から2018年にかけて同研究所には外来患者16万7321人が来院し、2万6269体の角膜提供があり、1万5784体の角膜を活用して、3万1511件の外科手術を完了しOriginal Article